mo_gadget_no Fan

モノ(mono)とガジェット(gadget)のレビューと紹介

ソロキャンプ用テントは、どれが良い?

今日の紹介は、ソロキャンプ用テントです。

現在、ソロキャンプは、基本車中泊なんですが、将来はソロテント泊もやろうかなと思っとります。

2〜3人用テントも持ってますが、焚火には向かないテントなんですよねぇ... (^ ^;;

 

選定基準は、

 ・焚火の火の粉に耐えられるテント生地(焚火で調理)

 ・タープ要らずのテント

 ・設営が楽なテント

ですね。

 

現在の第一候補は、

f:id:mo_gadget_no_fan:20210708163654j:plain

BUNDOK ソロティピー

です。いわゆる三角テントですね。Amazonの価格は、2.5万円弱。

サイズは、

 ・展開時の大きさ  2.4m × 2.4m × 1.5m

 ・収納時の大きさ  440 × 240 × 240mm、重さ 4.8kg

 ・インナーの大きさ 2.2m × 1.0m × 1.35m(高さ)

です。

 

特徴は、

 ・設営と収納が簡単で、素早く出来る

ですね。これは大事!

それと、インナーの横幅が下のテントより、15cm広いというのも高評価ですね。

就寝時、ゆったり寝れるかどうかは、横幅にかかっていると言っても過言ではありませんです。

 

もう一つの候補は、

f:id:mo_gadget_no_fan:20210708163755j:plain

BUNDOK ソロベース

です。価格は、3.5万円弱とちょっと高め。

サイズは、

 ・展開時の大きさ  3.6m × 1.9m × 1.1m

 ・収納時の大きさ  470 × 240 × 240mm、重さ 5.2kg

 ・インナーの大きさ 1.9m × 0.85m × 1.1m(高さ)

です。

こっちの方が若干収納サイズが大きく、重さも重いですね。

 

特徴は、

 ・開口部が広い

ですね。

 

両方ともに、同じメーカー(BUNDOK)で、生地はポリコットン、まあ、ポリエステル(65%)とコットン(35%)ですね。

ポリエステルが半分以上なんで、場合によっては焚火の火の粉で穴はあいてしまう可能性はありますが、通常のテントよりは丈夫かな。

 

実際に入手するのは、まだまだ先なので、ゆっくり悩みたいと思っとります。

 

ではでは、またね!

 

 

Amazonのリンクは、こちらです。

 

Amazonのリンクは、こちらです。

 

メーカー(BUNDOK)のHPは、こちらです。

日本のメーカーだったんですね。知らなかった... (^ ^;;

kawase-net.jp